サラリーマンにおすすめの副業3選!選び方と注意点を解説

サラリーマン 副業 おすすめ

終身雇用の制度が無くなりつつある現代、働き方改革によって副業を解禁する会社も増えています。

サラリーマンの副業需要が高まってきており、あなたの周りにも副業で稼いでいる人も増えているのではないでしょうか?

そこで今回はサラリーマンにおすすめの副業を紹介します。私のサラリーマン時代の経験をもとにどんな副業を選べばいいか、稼いだ時の税金面で注意するべきことを解説しているので、少しでも副業に興味のある人は読むことをおすすめします。

サラリーマンの副業の選び方

サラリーマンが副業をやる目的は様々ですが、一般的には下記に当てはめて考えるといいでしょう。

サラリーマンの副業の選び方
  • スキル・知識を身に着ける
  • 本業や生活に支障が出ないか
  • リタイアを考えているか

スキル・知識を身に着ける

サラリーマンにとってスキルや知識を身に着けることで、転職やキャリアアップを有利に行うことができます。

業務で得た知識を利用して副業で稼ぐのもいいですが、新しい分野に挑戦することで自分の可能性を広げることができます。

勤めている会社やその業界の仕事が無くなっても、他の業界の知識やスキルが少しでもあれば、職を失うリスクは減らせるのでおすすめです。

本業や生活に支障が出ない

副業をすることを認める会社では、就業規則で副業について制限を定めていることが多いです。

その会社に勤めている以上はその規則を守る必要があります。

例えば、本業に支障をきたす、業務に支障が出る、会社に損害を与える行為は原則禁止されています。そのため、健康に悪影響を与える可能性がある「治験」や、違法な行為全般(「Youtubeへの違法アップロード」)は副業に選ぶべきではありません。

まずは、副業を始める前に会社の就業規則を確認することをおすすめします。

リタイアを考えているか

副業を始める人はほとんど収入を増やすことが目的です。その中でも会社を退職することを目的とする人もいます。

副業の目的がリタイアすることであれば、睡眠時間を減らしたり、リスクを取ってでも副業で稼ぐことが重要です。

しかし、安定した生活を送れるなら死ぬまで働きたいと考える人は、無理に副業に取り組む必要はありません。もちろん、お金があれば豊かな生活を送ることができるので、副業をすることはおすすめします。

無理な投資などをせずにQOLを高くすることができる副業を行いましょう。

サラリーマンにおすすめの副業

ポイントサイト

サラリーマン ポイントサイト
サイト名年齢制限友達紹介
ちょびリッチ12歳以上1人紹介:500pt
紹介者の獲得ポイントの40%
ポイントタウン16歳以上
16歳未満の場合保護者の同意が必要
1人紹介:6,000pt
友達が獲得したポイントの50%
モッピー12歳以上1人紹介:300pt
友達が獲得したポイントの5~100%
げん玉16歳以上
20歳未満の方は保護者の同意が必要
1人紹介:5000pt
友達が獲得したポイントの10%
お財布.com12歳以上1人紹介:300pt
友達が獲得したポイントの5~100%

ポイントサイトは初期費用が必要ない副業です。インターネット環境さえ整っていば、いつでも始めることができます。

単価が低く稼げないイメージを持っている人も多いですが、クレジットカード発行や口座開設などの高額案件を受けることができるため、サラリーマンでも十分稼げる副業となっています。

また、通勤時間などちょっとした時間を利用することで毎日コツコツと稼ぐこともできます。

スキルや知識に期待することはできませんが、他の副業の初期費用を稼ぐために最初に始める副業としては、ポイントサイトが1番おすすめです。

ポイントサイトについて詳しくはこちら↓

転売

サラリーマン 転売

転売は購入したものを他の人に購入額よりも高い値段で売ることで利益を出す副業です。初期費用は必要になりますが、再現性が高くサラリーマンに人気があります。

コストの算出を行って利益の計算ができていれば、損をする可能性は低いです。しかし、値崩れなどで在庫を抱えることになる可能性はあるので必ずしも稼げる副業ではありません。

仕入れやリサーチに時間がかかることがありますが、高粗利で稼ぐことが可能なので給料くらい稼ぎたい人、時間を取れそうな人は挑戦してみて下さい。

転売について詳しくはこちら↓

投資(FX・株式など)

サラリーマン 投資

多くの副業の中で「投資」はサラリーマンにおすすめできる副業です。

投資と言ってもいろいろな種類があります。

リタイアを狙うサラリーマンであれば、短期的に稼げる「株式投資」、「FX」などがおすすめです。逆に、サラリーマンを続けながら資産運用して豊に暮らしたい人は、「iDeco」、「NISA」、「不動産投資」、「投資信託」がおすすめです。

どちらも損するリスクは伴う副業ですが、リターンには十分期待できます。

投資に興味がある方、資金に余裕がある方は副業として検討してみて下さい。

サラリーマンが副業で稼いだ時の注意点

サラリーマンが副業で稼いだ時の注意点

副業で年間20万円以上稼げた場合、確定申告をする必要があります。

また、収入が変わるため翌年納める住民税も変動します。会社の給料から天引きされた税金との差分を自分で納めないといけません。

税金について分からないことがあれば、税理士さんに相談してみるのがおすすめです。

住民税や所得税について詳しく調べたい人は下記が参考になると思います。

副業をすると所得税はどうなる?サラリーマンの副業と所得税の関係 | ノマドジャーナル
副業を持つサラリーマンは、本業と収入を合算した総額から所得税を算出し、確定申告をすることとなります。ここでは副業を持つ人にとって必須の知識である確定申告にやり方や所得税算出の方法、納付方法などをご説明いたします。

まとめ

今回はサラリーマンにおすすめの副業を紹介しました。

サラリーマンは比較的自由に使えるお金は多いでので、お小遣いを稼ぐ感覚で副業をするよりも、本業と同じレベルかそれ以上に稼ぎたいところです。

副業をする目的を明確にして、自分に合った副業でどんどん稼いでいきましょう。
(稼ぐ力を身に着けて、将来への不安を払拭しましょう。)

タイトルとURLをコピーしました