【節税】つみたてNISAで節税しながらお得に資産形成してみませんか?

【節税】つみたてNISAで節税しながらお得に資産形成してみませんか?
この記事は 約4 分で読めます。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは長期的な資産形成を
サポートするため導入された非課税制度です。

ざっくり説明すると、

本来、投資で稼いだお金にも課税されますが、
NISA口座で運用する非課税投資枠(毎年40万円)
で得られた収益に対しては課税されません。

非課税となる期間は20年間となり、
最大800万円を非課税で資産運用できるため、
長期投資をするのに適した制度と言えます。

こんな人にオススメ!!

  • 投資に興味がある人
  • 少額からコツコツ長く運用したい人
  • 将来のために資産形成をしたい人
  • 自由に取り崩せるようにしておきたい人

参考:つみたてNISAの概要:金融庁

つみたてNISAのメリット・デメリット

つみたてNISAのメリット・デメリット

つみたてNISAをざっくりと説明しましたが、
メリットやデメリットををまとめます。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットは、

  • 運用益が非課税
  • 小額から始められる
  • いつでも引き出せる

だと考えています。

運用益が非課税

株式投資にかかる税金として、
企業からの配当金にかかる「配当課税」、
株の売買で得た金額にかかる「譲渡益課税」
の2種類が存在しています。

本来は約20%の税率がかけられますが、
つみたてNISAでは非課税となるため、
効率良く資産形成できると言えます。

小額から始められる

一般的に投資に対してのイメージは
”多くのお金が必要”が多いのですが、
つみたてNISAは小額から始められます。

年間40万円非課税で投資できる制度ですが、
月100円~など自分で金額を決められるため
年間40万円も投資しなくても大丈夫です。

まずは低額からつみたてNISAを始めて、
余裕があれば投資額を増やしていきましょう。

いつでも換金できる

つみたてNISAは途中で解約できるため
資産をいつでも自由に換金できます。

下記のようなライフイベントによって
急にお金が必要になる可能性がある人も
気軽に始めることができると言えます。

結婚、出産、教育、住宅購入、介護、etc

一方、節税しながら資産形成できる制度
としてつみたてNISAとよく比較される
iDeCoは60歳まで引き出せません。

iDeCoとつみたてNISAは併用できるので、
更に節税しながら資産形成したい人は
是非iDeCoの併用も検討してみて下さい。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリットは、

  • 投資先が少ない
  • 損益を相殺できない

だと考えています。

投資先が少ない

つみたてNISAの対象となる商品は、
一定の条件を満たして金融庁に届け出された
株式投資信託とETF(上場投資信託)のみです。

自由に投資先(銘柄)を選びたい人は、
別の口座で運用するしかありません。

損益を相殺できない

つみたてNISAを開始する場合は、
専用のNISA口座を開設する必要があります。

このNISA口座と他の口座との間では、
利益と損失の相殺ができません。

NISA口座で10万円の損失が発生し、
他の口座で100万円の利益が出た場合、
損益通算できないため90万円ではなく
100万円に課税される制度となっています。

つみたてNISA以外は考えていない人は、
特に気にしなくてもいいかと思います。

つみたてNISAのやり方

つみたてNISAのやり方

つみたてNISAを始めるためには、
証券会社・銀行などの金融機関で
専用の口座を開設する必要があります。

日本に住む20歳以上の方なら誰でも開けます。

オススメの証券会社を紹介します。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券
  • カブドットコム証券
  • マネックス証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました